ゆるキャンとは違った面白さを持つふたりソロキャンプの魅力とは
スポンサーリンク

 

ーーーふたりソロキャンプしましょう!!師匠!!!

どうもむきぐまです。

みなさんは「ふたりソロキャンプ」って漫画をご存じですか?


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミックス1巻より)

ふたりソロキャンプとは

ふたりソロキャンプは、殲滅の戦女神でデビューした井端祐大(でばたゆうだい)先生が描くキャンプ漫画です。

ソロキャンパー樹乃倉厳が、ひょんな事から出会ったソロキャンプ初心者の草野雫と、2人なのにソロという少し変わった関係のキャンプをしていくお話です。

近年『第二次キャンプブーム』と言われているほどキャンプが流行っており、キャンプブームの火付け役の一端を担ったのがキャンプを題材にしたアニメゆるキャン△です。


(出典:「ゆるキャン△」公式サイトより)

かくいう私も影響を受けた1人で、アニメ「ゆるキャン△」を観てキャンプに興味を持ち、実際にキャンプをするまでになりました。

そんなキャンプブームの中、さらなるブームを引き起こしてくれそうな作品が「ふたりソロキャンプです」

ふたりソロキャンプはゆるキャン△とはまた違った面白さがあり、キャンプに浸りたい人、これからキャンプをしてみたいという方にはとてもおすすめの内容になっています。

ふたりソロキャンプとゆるキャン△の違い

ふたりソロキャンプはゆるキャン△と比較される事がありますが、全くの別物です。

どちらもとても面白く、キャンプの魅力を余すこと無く教えてくれるとても良い作品です。

そんな2つのキャンプ漫画ですが、両方観た感想としては、

ゆるキャン△:万人受け

ふたりソロキャンプ:ちょっと大人向け

という印象を受けました。

ゆるキャン△はタイトル通りゆるいキャンプをテーマに、女子高生達がキャッキャウフフと仲睦まじくキャンプをしたり、キャンプ場近くの名所を観光したりとまったりしています。

一方ふたりソロキャンプはほとんどキャンプしかしておらず、それも女子高生ではなく30代のおじさんがしているのでゆるキャン△は可愛い女の子達に癒やされ和み、ふたりソロキャンプは30代の渋みを感じさせてくれます。

スポンサーリンク

ゆるキャン△の魅力

ゆるキャン△は主に、キャンプ・キャンプ場周辺を観光・まったり日常が主な内容になります。

ふたりソロキャンプは既にキャンプ場に到着している場合がほとんどで、キャンプ場まで歩くシーンがあっても、基本景色を楽しみながらのんびり歩くといったことはしていません。


(出典:「ゆるキャン△」コミック1巻より)

上の画像のように実際にある施設や観光地を周りながらキャンプ場に向かいます。

ふたりソロキャンプでは観光するといったことは今の所ないです。

画像は長野県にあるボルシチがとても美味しいお店「コロボックルヒュッテ」さんです。


(出典:「ゆるキャン△」コミック1巻より)
ここのボルシチは本当に美味しくて私もすっかりファンになってしまい、今では長野に行く度に伺っています。

このようにキャンプ場だけでなく、いろいろな施設を見ることができるのもゆるキャン△の魅力の1つです。

そしてゆるキャン△に欠かせない要素がキャンプ飯です。


(出典:「ゆるキャン△」コミック2巻より)
ゆるキャン△のキャンプ飯は鍋料理が多いですが、簡単に作れてキャンプの時はもちろん家に居る時でも作りたくなる料理がたくさん出てきます。

アニメ放送時にはたくさんの方が作中にでた料理を作っていました。(私もその1人ですが・・・)

ゆるキャン△はメインキャラのみだけでなく、登場キャラがみんないい人でまったりと気持ちよく観れる作品なので癒される事間違いなしです。

ふたりソロキャンプの魅力

ふたりソロキャンプはゆるキャン△と違い回り道などせず、キャンプメインで話が進みます。

ふたりソロキャンプはゆるキャン△には無い魅力が多々あります。

1つはキャンプ飯です。

キャンプ飯はゆるキャン△にもありますが、ふたりソロキャンプでは主人公の厳さんとヒロインの雫ちゃんが2人共お酒が大好きなのでそれに合ったキャンプ飯が出てきます。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック2巻より)
ありがたい事に料理のレシピもある程度載っているので、キャンプに行って作りたい時などとても助かります。

ふたりソロキャンプと言うことで雫ちゃんと2人でキャンプをする事がほとんどですが、たまに厳さん1人でキャンプする時もあり、その時はソロキャン用のキャンプ飯などが出て来るのも、いつかソロでキャンプをする時に参考にできるのでありがたいです。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック3巻より)

手のこんだ料理もいいですが、こういった手間のかからない料理も外で食べれば美味しさ倍増です!!

魅力2つ目はキャンプギアなどの説明です。

ゆるキャン△でもテントの説明などはしますがふたりソロキャンプではより詳しく説明してくれます。


(出典:「ゆるキャン△」コミック1巻より)

(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック2巻より)
テント1つでもこれだけ差がありますが、個人的にはゆるキャン△の説明もわかり易いので好きです。

この他にもキャンプギアの説明はありますが、驚いたのが薪についての解説でした。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック3巻より)
キャンプ場で薪を買ったことがありますが、特に種類など気にせず太さだけで選んでました・・・

キャンプ場の売店で薪を買う時木の種類が書かれていた時は少し気になりましたが、いちいち調べることはしませんでした、しかしこうやってふたりソロキャンプで薪の解説を見た時、薪の種類が焚き火にどれだけ影響が出るかなど知れてとてもためになりました。

ふたりソロキャンプは漫画としても楽しめますが、ちょっとしたキャンプの知識をつけるにも最適な漫画だと思いました。

そして魅力3つ目はキャンプのマナーを教えてくれる事です。

キャンパーさんにとっては当たり前の事ですが、キャンプ未経験の人にはやってはいけないキャンプでは当たり前の事がわからなかったりします。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック2巻より)
私もキャンプをやる前は直火で焚き火ができると思っていたので、こういったマナーについてを漫画で知ることができるのはとても貴重だと思いました。

ゴミを捨てていく、直火禁止の場所で焚き火台を使わず焚き火をする、灰を土に埋めるなどマナー違反があとを絶たず閉鎖に追い込まれたキャンプ場もあります。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック2巻より)

本当に厳さんの言う通りですね。

キャンプはマナーよく、気持ちよく利用したいものです。

ふたりソロキャンプの残念な所

上記で述べたように魅力溢れるふたりソロキャンプですが、実際ネットなどで評価を見てみると結構低評価がついています。低評価の原因はなんとヒロインである雫ちゃんの存在です。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック1巻より)
普通に可愛くて好きなんですけどね、ただちょっと?強引な所があってこの子と、後述しますがもう1つの原因が低評価の理由です。

雫ちゃんは厳さんにソロキャンプの指導をしてもらうために厳さんにお願いしますが断られます。

困った雫ちゃんはなんと厳さんの財布から勝手に免許証を抜き取って厳さんを脅しにかかります。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック1巻より)
これはさすがにアウトですww

これのせいで「ヒロインが不快」などのコメントをよく見かけました。

まあ意地っ張りな厳さんを説得するためなんですが、さすがにこれはだめですね。

2巻以降は普通に良い子なので慣れちゃえば気にならないので、1巻で観るのをやめた人は是非2巻も手にとって欲しいです。

そしてもう1つの残念な所が無駄なエロシーンです。

私は別にエロいの嫌いじゃないですよ。

でもキャンプ漫画でエロはさすがにいらないなと思いました。


(出典:「ふたりソロキャンプ」コミック2巻より)
うまいものを食べて裸になるってそれどこの食○のソーマ?ってシーンが出てきたり、無駄に胸を強調するシーンとかキャンプ漫画ではいらないんじゃないかと思いました。

そんなエロシーン入れるならキャンプ飯のレシピとに使ってほしいです。

とても好きな漫画ですが、この2点だけがちょっと残念だなと思いました。

おわりに

ふたりソロキャンプはゆるキャン△ほどまったり癒やされるわけではありませんが、ゆるキャン△とは違った面白さがあり、特にキャンプ初心者の方にはぜひ見てもらいたい為になる事が沢山書いてあるのでキャンプ初心者さんにはぜひ読んで欲しい一冊です。

もちろんキャンプ漫画としても普通に面白いので、キャンプに興味の無い方でも1度は観て欲しいおすすめの漫画です。

スポンサーリンク
おすすめの記事