スポンサーリンク

どうもむきぐまです。

ゆるキャン見てたら山梨県行きたくなったので行ってきました

まあ聖地巡りはしなかったんですけどね。

今回は私が山梨に行く前に行きたいところを事前に調べ、調べても載っていなかった情報や分かりずらかった情報を載せておきました。

これから山梨に行くかたに少しでもお役に立ててもらえれば幸いです。

ほったらかし温泉


公式ホームページhttp://www.hottarakashi-onsen.com/

こちらのほったらかし温泉の特徴は何といってもその景色


画像の数倍は絶景です。

お風呂が大きく周りに何もないため開放感があり、お風呂の温度も若干低めなので何時間でも入っていたくなります。(ちゃんと熱めの温度の湯もあります。)

夜景も大変素晴らしく、ほったらかし温泉のすぐ下にある笛吹川フルーツ公園から見る夜景は新日本三大夜景に数えられており、ほったらかし温泉からもその素晴らしい甲府の街並みが一望できます。

ほったらかし温泉アドバイス

ほったらかし温泉に行く際はバスタオルを必ず持っていきましょう。
タオル 200円
バスタオル 1000円
バスタオルの値段が入浴料より高いです。

タオルは下記リンクからクーポンを印刷して持っていけば無料でもらえます。
https://onsen.nifty.com/koufu-onsen/onsen002085/

温泉入浴後はほったらかし温泉敷地内にあるご飯がおすすめです。

気まぐれ屋 朝ごはん 500円


軽食スタンド桃太郎 湯玉揚げ 130円

スポンサーリンク

シャトレーゼ白州工場


公式ホームページhttps://www.chateraise.co.jp/enjoy/factory_tour

こちらのシャトレーゼ白州工場は予約なしで工場見学ができる施設になります。

シャトレーゼ白州工場の魅力は何といってもアイスの試食が無料という所。

どうせ氷系のアイスとかでしょ?
と思うかもしれませんがそんなことはなく、常に6~7種類のアイスが食べ放題になっています。(味もとてもおいしい)


シャトレーゼ白州工場アドバイス

お昼の時間帯は混むのですいてる時間に行きたいなら開店と同時の9時~10時がおすすめ。
平日でも結構混むので休日は混むこと間違いなしです。

夏の時期は大混雑し、公式ページを見てもらえればわかりますが予約制になることもあるので注意が必要です。
※2018年6月に完全予約制になったので注意してください

予約は公式ページからおこなえます。

見学の際、靴を脱いで下駄箱に用意してあるビニール袋に靴をいれて持ち運ぶので、持ち運びしやすい靴で来ると楽です。

アイスの種類や工場見学について詳しく知りたい方は↓↓をクリック

お食事処 はくさい


公式ホームページが見当たらなかったので食べログのURL乗せときます
https://tabelog.com/yamanashi/A1901/A190104/19006151/

画像を見てわかる通りボリュームがすごいです。
こちらのお店は温泉施設と併設していて、お風呂に入ってからお食事なんてのも出来ます。

天丼自体はエビ1本1本が大きく、身もぷりぷりで味も良く、味とボリュームに対し値段が少し安すぎな気もするくらい、コストパフォーマンスに優れていると思いました。

おすすめは穴子天丼と期間限定はくさい丼らしいのですが、残念なことに私がうかがった時は穴子が獲れなかったようで注文できず・・・

ですがかわりに頼んだエビ天丼でもじゅうぶん満足できる品でした。


激盛を頼んだのですが、あまりのエビのボリュームにだいぶてこずりました。

お食事処はくさい アドバイス


こちらの品を頼む時はよく考えてから注文してください。

むきぐまもそこそこ胃に自信があったほうなのですが、一人前のエビ天丼激盛でもだいぶ苦戦しました。
やはり揚げ物は後半きつくなるので注文する際は胃のコンディションと相談してください。

※残した場合はお持ち帰り用のパックをもらえるらしいです。

最後に

まだまだおすすめの場所はありますが
甲府に行って特におすすめしたい3か所を紹介させていただきました。

甲府市に行った際はぜひ一度足を運んでみてください。
おわり
スポンサーリンク
おすすめの記事