ゆるキャン△に影響されてキャンプをやってみた~竜洋海洋公園編
スポンサーリンク

どうも、むきぐまです。

前回の続きです

初キャンプ竜洋海洋公園オートキャンプ場へ

とうとう待ちに待った初キャンプ。

今回利用させていただいたのは「竜洋海洋公園オートキャンプ場」です。



実は今回のキャンプは中止しようかギリギリまで悩んでいました。

というのも1週間前から天気予報を確認していて、キャンプする予定の日だけ運悪く雨の予報・・・

でも3日前とかになると雨の予報が晴れになったりもするから、ギリギリまで様子を見ようと言うことになり天気予報を毎日確認。

3日前・・曇り

2日前・・曇りのち雨

前日・・午前曇り夜の9時以降雨

これはアウトじゃないだろうか。

何度めかのキャンプならありなきもするけど、初めてのキャンプで雨は遠慮したい。

しかし嫁さんは行く気満々・・・

散々悩んだ挙げ句、日付が変わる前にネットでキャンプ場を予約しました。

そして迎えた当日

やはり雨、しかも朝から結構な量降ってきました・・・

初めてのキャンプで雨の中設営とかきっついなぁと思っていた時、チェックイン1時間前にキャンプ場から電話がきました。

チェックインの時間やら料金確認の電話でしたが最後にキャセルする場合キャンセル料が~の話になり、チェックインまで後1時間のタイミングでキャンセル料の話って、これ絶対他の利用者がキャンセルしたなと思いより一層雨の中のキャンプに不安を感じました。

キャンプ場に到着

15時キャンプ場に到着。(チェックインは13時~17時)

1時間前に雨は止み、なんとか雨の中のテント設営だけは避けられました。

またいつ降ってくるかわからないので急いで設営


新記録20分程度で設営できました。

この日は風がなかったのでストームガード(テントにロープを張って風対策できる)は使いませんでした。

焚き火

キャンプをしたら絶対やりたかった焚き火の準備をします。

竜洋海洋公園オートキャンプ場は直火禁止なので焚き火台を使います。

こちらのファイアグリルの他にサイズの大きいM-6500もありましたが、2人で使うなら小さい方で十分かなと小さいM-6498を購入。

小さい方が炭を使う量を抑えられるのと、交換用の網が別売り(アマゾン価格1080円)で売っているのが利点です。

デメリットとしては薪をそのまま入れると途中で折れて焚き火台の外に火のついた薪が落ちやすいので、薪は折って入れたほうがいいです。

薪は売店の薪を購入します。


写真のデータが壊れていて載せられませんが薪はこれの他にスギ・ヒノキの混合薪(一束700円)というのがあって、こちらは火付け用にいいらしく今回は混合薪を購入しました。

炭はゆるキャンでも登場したちくわ炭を使用


この炭本当に火が付きにくいです。着火剤+購入した混合薪を使ったら問題なく火がつきましたが、ちくわ炭に火を付けるなら着火剤だけじゃ無理そうです。

初めてだったのでバーナーと、着火剤も板のやつと液体のもの両方用意したんですが着火剤は板のみ、バーナーは使わずチャッカマンのみで十分でした。ちなみに着火剤は百均で売っているものです。

無事炭に火が付き、焚き火を堪能していると辺りがだんだん暗くなってきたので夕飯の準備をします。

スポンサーリンク

キャンプ飯

夕飯

ゆるキャン△に影響されたオタクの夕飯といったらこれですわ


寒い中、外で食べるカレー麺は最高でした。

ただのカレー麺なのにめちゃくちゃ美味い!!

私がカレー麺を美味い美味いと食べてる横で嫁さんがチーズフォンデュ食べてましたけどね・・・

チーズフォンデュなんてクソ食らえじゃ!!

チーズフォンデュ食べる?

むきぐま
う、うめぇ・・・

ってなりましたけどね。でもカレー麺が一番ですよ。

むしろカレー麺さえあれば他はいらないな。

みんなもキャンプ来たらカレー麺食べましょう。まじで美味いから。

朝食

キャンプの朝ごはんは絶対にこれって決めてました。


ホットサンド!!

ホットサンドメーカーはこちらを購入

キャンパーさんの動画観てるとかなりのキャンパーさんが朝食に食べていたのでめちゃくちゃ憧れてました。

今回はハム&チーズと小倉あんの2種類を用意。

これまたカレー麺と同様めちゃくちゃ美味い。

ソーセージも絶品でした


前日と違って晴天の中、鳥の声を聞きながら朝食にホットサンドとかめちゃくちゃ良かったです!!

これだけでキャンプに来てよかったと思えるレベル!!

初キャンプはトラブル続き

LEDランタンの電池を忘れる

ランタンはテント内で使うものと、外で使うランタン2つ用意しました。

テント内ではこちらのLEDランタンを使いました。

小さいのにかなり明るく、充電式なのでとても使い勝手がいいです。

ただ外で食事するには少し暗いかなと思いもう1つ購入

先にBRISIE LEDランタンを購入して明るさを確認した後、BRISIE LEDランタンの196ルーメンよりも明るいGENTOS LED ランタン530ルーメンを購入。

外が暗くなったのでスイッチオン!!

点かない・・・

あ、電池入れるの忘れた・・・・

外は真っ暗、しょうがないのでBRISIE LEDランタンを外でも使用。

暗い・・・

ランタンを手に持って立っていれば全体を照らすに十分な明るさがありましたが、ずっと手に持って立っている訳にもいかずめちゃくちゃ暗い中での夕飯

ここに来てランタンスタンドの重要性を知りました。

さすがに暗すぎたので手持ちのものでランタンスタンドの代わりになるものを探した所

バケツ、トング、大きめのクリップ、輪ゴムで即席のランタンスタンドを作ってその場をしのぎました。


焚き火すれば明るくなるしランタンスタンド無くても大丈夫と思っていた浅はかさを呪いたい・・・

蚊の襲来

キャンプに行ったのは4月の中旬、夜はここ数日結構寒かったので虫除けスプレーはいらないだろうと持っていかなかったんですが当日かなりの蚊がテントに押し寄せてきました。

テントの出入り口だけでも5匹以上確認。

これを放置してたら夜寝れなくなりそうだったので慌てて近くのコンビニへ

蚊のいなくなるスプレーを購入。

これをテントの出入り口とテントの周りに吹きかけたら蚊はほとんどいなくなったので、これからのキャンプに欠かせないアイテムになりました。

炭の火が消えない問題

竜洋海洋公園オートキャンプ場には隣接する温泉施設「しおさい竜洋」があり、21時まで(最終入場20時30分)温泉に入ることができます。

炭に火がつかないなんてこともなく順調に焚き火を満喫していたんですが、ちくわ炭の火持ちが良すぎて温泉の最終入浴時間までに炭が燃え尽きない可能性が出てきて結構焦りました。

こんな時の為に火消し壺を購入しようとしたんですが、土鍋でも代用できると聞いたので家にある土鍋を用意。

土鍋に炭を入れようと車から土鍋を取り出そうとしても見つからず・・・

むきぐま
嫁ー、土鍋はー?

知らないよ、どこ積んだの?

むきぐま
え?

んん??

お互いが土鍋を車に積んでくれていると勘違いし、土鍋を家に忘れるという失態。

他のキャンパーさんがしおさい竜洋へ向かう中、私達はギリギリまで炭火が消えるのを待ってました。

なんとか最終入場時間には間に合いましたが、こんな時の為に火消し壺も買う必要があるなとしみじみ思いました。

水を使うことも考えましたが、炭に水はかけちゃだめと言うのをみたので今回はやめときました。

後で調べた所

・水をかけただけだと水が浸透せず完全に火が消えない

・直接水をかけると爆ぜて危ない

などの理由が原因らしく、バケツに水を入れて炭を1つずつゆっくり入れれば大丈夫ということを後で知りました。

初テント泊

竜洋海洋公園オートキャンプ場は22時消灯となっているので早めの就寝になります。

使用したシュラフ

お風呂も入って外は寒いけど体はポカポカ、ぐっすり眠れるなと思ってましたが想像以上に寝袋が温かい、

というか暑い!!

あまりの暑さに上はシャツ下はパンツ1枚で寝ましたがそれでも暑かったです。

今回購入したシュラフは2つ。

種類も別々の物にしました。

両方使った感想ですが、もしどちらか買うなら圧倒的にJUYEEのダウンシュラフをおすすめします。

YOGOTOシュラフ-15℃:4800円
JUYEEシュラフ-25℃:6698円
どちらもセールやクーポンを利用した時の値段です。

値段は多少JUYEEシュラフの方が高いですが、封筒型なので足元は開放感ありますし暖かさも断然JUYEEシュラフの方が温かいです。

最低温度が違うのもありますが、寝心地もJUYEEシュラフの方が良かったです。

ただ寒い中キャンプはしない、マミー型の方がいいって方なら安いYOGOTOシュラフでも全く問題ないです。

 突然の雨

天気予報を当日確認した時は夜22時以降は曇りになっていましたがポツポツと雨が降ってきました。

30分もするとかなり勢いが増していき、私が寝た24時以降も振り続けていました。

やはり雨の音はかなり気になりました。他のかたのブログで耳栓必須って書いてありましたがその通りになり購入し忘れた事を後悔しました。

ただ朝は晴れていたのと、キャンプ場の水はけの良さが幸いしてテントの後片付けは問題ありませんでした。

グランドシートのおかげかテント内に水が侵入することもなかったです。

撤収作業

初心者が1番苦労しそうな撤収作業。

ほんとにこれが1番面倒でしたね。

寝袋、エアーマットの収納、テント内の掃除(気をつけてても砂とか結構入ってました)フライトシートやインナーテントを乾かしたりとやる事たくさんありました。

撤収作業中に嫁さんが朝食の準備をしてくれましたがここで問題が、

なにか飲む?と聞かれたのでカフェオレを希望、しかし15分以上経っても及びがかからない・・・

20分後ようやくできたとのお声がかかり、きっと朝食を優先して作ってたんだなと勝手に思いながら作業を中止して(テント内で寝袋畳んでました)朝食が置いてあるであろうテーブルへ

テーブルの上にはカフェオレのみ・・・

むきぐま
あれ?朝食は?

今から

むきぐま
・・・・朝食作るって言ってからずいぶん時間たった気がしますが・・・

なんかね、何をやろうか迷って何をしていいかわかんなくなった

むきぐま
OH・・・

こんなやり取りの後、ほぼ撤収作業が終わってから朝食が完成しました。

キャンプ終了

チェックアウト時間ギリギリまでまったりしました。

サイトからの眺めはあまり良くありませんが、少し歩くと近くに海があって景色は最高です。


テントの撤収は少しめんどくさかったですが、とても楽しい時間を過ごせました。

初めてのキャンプで不安もありましたが、本当に楽しくてむしろもう1泊したかったくらいです。

開放感ハンパなく、ご飯は何食べても美味しい。これはキャンプにハマる人の気持ちがよくわかりました。

あまり休みの無い職場なので次行けるのはだいぶ先になりそうですが、次も絶対キャンプにいきたいと思います。

おわり

スポンサーリンク
おすすめの記事