スポンサーリンク

どうもむきぐまです。

漫画家の荒川弘さんが書いている銀の匙百姓貴族を読んでいて、無殺菌牛乳という存在を知り飲んでみたいと思いました。

しかし漫画を見ると食品衛生法で殺菌してない生乳(せいにゅう)は販売してはいけない決まりがあると書いてあります。


最初はがっかりしましたが、よく見てみると特例を除きという1文を見つけ調べてみると1軒の牧場が見つかりました。

その牧場が想いやりファームさんです。

想いやりファームさんは日本で唯一無殺菌牛乳を扱っている施設になります。

今回は想いやりファームさんの紹介と、無殺菌牛乳について書いていきたいと思います。

想いやりファームとは

想いやりファーム(おもいやりファーム)は北海道河西郡中札内村にある酪農牧場。特徴としては特別牛乳搾取処理業の許可を受け、その中でも無殺菌牛乳を販売している

特別牛乳とは

搾乳した場所で直ちに容器詰めできること、施設の衛生基準や牛乳の成分・菌数をクリアしていることを保健所が認めると、種類別「特別牛乳」と表示できる。保健所の厳しい監視、指導が常時行われる。

生乳を移動せずに牧場にある施設で加工・容器詰めするのがポイントらしく、全国でも数箇所しか特別牛乳を取り扱っていません。

その中でも無殺菌牛乳を扱っているのは想いやりファームさんだけなんです。

想いやりファームさんの販売している想いやり生乳は全国でも販売されていますが、どうせなら想いやりファームさんに行ってその場で無殺菌牛乳を飲んでみたいと思いました。

スポンサーリンク

想いやりファームへ

実は想いやりファームさんへは北海道へ行く度に伺おうと思っていたんですが、

2016年には台風により道が閉鎖されたり泊まる予定のホテルが川の氾濫により泊まれなくなったりなどで行けず・・・

2017年は営業期間の6月~9月に休みがとれず断念。

2018年にとうとう念願の想いやりファームさんへ行くことができましたが、車のナビ通りに目的地に向かったらなにもない道を表示してしまい道に迷いました。

道中に看板があったみたいですがナビに集中しすぎて見過ごしてたみたいです・・・


到着後、目当ての無殺菌牛乳を飲むために敷地内にあるお店に向かいます。


敷地内はそこまで広くなく牧場という感じはあまりしなかったので入りやすかったです。

従業員の方も愛想がよく、店内は私達しかいませんでしたが気まずさはなく居心地が良かったです。

今回は牛乳小とソフトクリームを頼みました。

想いやり牛乳小180ml 500円(税別)

想いやり牛乳大720ml 1500円(税別)

想いやりソフト完全無添加 500円(税別)

無殺菌牛乳その味は・・・


低温殺菌の牛乳を飲んだこともあるのである程度予想はしていましたが、ものすごくあっさりした味でした。

微かに牛乳の風味が感じられ、水を飲んでるかのようなのどごしで後味がスッキリしています。

これは今までの牛乳とは全くの別物ですね。

はじめて生乳を知ったときは、牛乳をもっと濃くした濃厚な味を妄想しましたがむしろ逆でしたね。

飲むときは牛乳と思わず別の飲み物と思って飲まないと、なんか牛乳より薄くて微妙・・・
って意見の人が出てきそうな味です。

ソフトクリームもいただきましたが、これも今まで食べたソフトクリームとは全くの別物でした。

ソフトクリームなのにくどくなく、生乳の甘みを感じられます。

まとめ

値段を見ると高く感じられますが、生乳を取り扱う手間暇を考えるとむしろ安く思えます。

動画をみましたが牛にストレスを感じさせずに生乳の販売を実現するのがこんなに大変だとは思いませんでした。

想いやり生乳の動画を視聴したい方はクリックするとYouTubeにとべます

値段を考えても飲めて良かったと思いますし、また飲みたいとも思いました。

味は人によって好みが別れますが、ぜひ1度は飲む事をおすすめします。

おわり

スポンサーリンク
おすすめの記事