スポンサーリンク

どうもむきぐまです。

ブログをはじめて間もない中、無謀にもAmazon様にもしもアフィリエイトを通し提携申請をしました。

結果は無事に一発で審査に通りました。

Amazonの審査は難しいという噂は聞いていまいしたし、記事数も審査申し込み時はまだ10記事に満たないなど受かる要素は皆無と思いましたが、ダメ元で一回申し込んでみてよかったです。

落ちても特にデメリットはないですしね。

今回は審査に通った時のブログの状況やなぜ審査に通ったのかなど自分なりに分析したことを書いていきたいと思います。

※ブログの状況など知りたい方は目次の①と②は飛ばしてください。

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、インターネット広告の配信方式の一種で、Webサイトやメールマガジンなど記載された広告を通じて商品の照会や購入につながった場合運営者に一定の報酬発生する仕組みのことです。

Amazonアソシエイトとは

Amazonアソシエイトとは、オンラインストアのAmazonが提供しているアフィリエイトプログラムのサービス名です。

アフィリエイトプログラムを利用すると自分の好きな商品の情報をWebサイトなどに自由に掲載することができる。

Amazonアソシエイトでユーが、商品を購入すると数パーセントの紹介料が支払われる仕組みになっています。

私は最初アフィリエイトと、Amazonアソシエイトは違うものだと思っていたのですが、調べてみたらAmazonがアソシエイトとよんでいるだけでアフィリエイトと同じ意味だったみたいです。

スポンサーリンク

ASPとは

ASPとは、インターネット上で商品やサービスを提供するサイトと、そのサイトの広告を掲載しているアフィリエイトサイトの間を取り持つ広告代理サービスのことです。

広告を掲載しようとしたとき、直接企業と交渉を行うのは手間がかかるだけでなく、広告の管理や運営の面でもスムーズに交渉が進みません。

ASPに基本情報を登録することによって、広告主と直接契約しなくてもブログやサイトに広告を貼りつけることができるようになります。

もしもアフィリエイトとは

もしもアフィリエイトは、数多あるASPの中の1つになります。

大きな特徴としては、W報酬制度というものがあります。


上の画像を見てもらえればわかると思いますが

獲得した報酬の10%が、追加の報酬として支払われる制度になります。

さらにもしもアフィリエイトは、報酬の支払い手数料が無料なのも特徴の1つです。

はじめたばかりであまり稼げない人にとっては、手数料無料は大きな魅力ですね。
(ちなみに大手A8.netは手数料540円、3万円以上なら756円かかります)

ただしデメリットもあって、広告の数がA8.netなどと比べるととても少ないです。

といってもこれぐらいしかデメリットが浮かびませんが・・・

初心者のかたは振込手数料無料というだけでも、登録する価値があると思います。

Amazon審査に通った時のブログの状況

・ブログ開設から2週間でAmazonに申請

・記事数は申請時9記事、審査完了時は11記事

・画像は1記事に2~5枚使用

・1記事1500文字~2500文字(内容はバラバラ)

・プライバシーポリシー、問い合わせ設置

・広告はいっさい貼ってないです

ちなみに申請してから一週間後に審査完了の返事が来ました。

なぜAmazon審査に通ったか

広告の審査に通るには以下の

・ブログ開設からある程度日数がたっている

・質の高い記事を書く

・記事数はある程度用意しとく

・画像は使用してはいけない

条件をみたしていないとダメなどの情報をよく目にしますが、私のブログの審査時の状況をみるとどれも関係なさそうに見えます。

もしもアフィリエイト経由でAmazonに申請した場合Amazonアソシエイトよりかなり高い確率で審査が通ると言われているのでこの辺りも影響してそうですが・・・

私のような素人が作ったサイトが通ったことからもそれがわかります。なのでよほど中身のない記事を書いたり規約に違反するよなブログでなければ受かるはずです。

これから広告の申請をするかたはあまり深く考えず、申請をすることをおすすめします。

審査に落ちてもとくにデメリットはありませんし、再度申請すればいいだけなのでとりあえず申請してしまいましょう。

おわり

スポンサーリンク
おすすめの記事