【川根温泉ホテル】ファミリー部門全国第1位に輝いた魅力を紹介

【川根温泉ホテル】ファミリー部門全国第1位に輝いた魅力を紹介

どうも、むきぐまです。

今回は「温泉宿・ホテル総選挙2021」ファミリー部門全国第1位に輝いた、SLの見えるお宿「大井川鐵道 川根温泉ホテル」さんに宿泊してきました。

ファミリー全国1位に輝いたホテルの魅力とは!?

気になるお部屋や朝夕のバイキングについて詳しく紹介していきたいと思います。

部屋

今回利用させて頂いたお部屋は「檜(ひのき)風呂付き和室」を利用しました。


和室は広々としていて、4人以上の利用でも余裕で過ごせるくらいには広かったです。


こういったホテルでは珍しい電子レンジとなかなかの大きさの冷蔵庫が付いていました。

川根はお茶が有名なのですぐにお茶が飲めるように電気ポットもおいてあります。


お茶請けもやはりお茶関連のものがありました。

和室は全て川側、洋室は山側と川側に分かれています。

川側からは大井川第一鉄橋とその上を走るSLを見ることができます。


この日はあいにくの曇り空でしたが晴れた日はとても綺麗な景色を見ることができます。


宿泊した翌日は運良く晴れました。

鉄橋と緑豊かな山々の景色にはとても癒やされます。

さていよいよ和室での大本命、お風呂を見てみたいと思います。


洗面台は広く綺麗でした。


隅っこにはこのように檜風呂の入り方が書いてあります。

客室檜風呂は温泉で45℃以上の高温のお湯が出るので、冷水で調整しながら入るように書いてありました。

そしてこちらが和室1番の魅力、檜風呂です。


このお風呂本当に最高でした。

温泉はトロトロで、自分で温度調整ができるので、ぬるま湯にして長い時間入ってしまいました。


こちらがお風呂から見た外の景色です。

分かりづらいですが、右側に鉄橋が見えます。

お風呂に入りながら鉄橋の上を走るSLを見る、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

スポンサーリンク

温泉


出典:「大井川鐵道 川根温泉ホテル」公式サイトより

こちらは写真撮影は無理なので公式サイトから画像をお借りしました。

ナトリウム-塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)

内湯は天然温泉で入ると少しトロみを感じ、入った後も湯冷めしにくい温泉でした。


出典:「大井川鐵道 川根温泉ホテル」公式サイトより

こちらは天然ではありませんが、炭酸泉になっていて温度が低めなので長い時間入っていました。

こちらの温泉は人気があるのか日帰り客が十数人利用していました。


出典:「大井川鐵道 川根温泉ホテル」公式サイトより

こちらは大浴場をでてすぐの廊下にある無料マッサージチェアです。

このマッサージチェアは人気で常に誰かしら使用していました。


お風呂上がりにはアイスキャンディも用意されていて、ほてった体には嬉しいサービスでした。

夕食

ホテルの楽しみといえばご飯です。

こちらの川根温泉ホテルは朝・夕共にバイキングとなっています。

サラダコーナー




野菜に関しては特質して目新しいものなどはなかったです。

バイキングの野菜で違いを出すというのはなかなか難しいのでしょうがないですね。

私は今まで山梨・長野・群馬・栃木・三重・静岡・岐阜(高山)を中心にバイキングのある宿に宿泊してきましたが、野菜で他のホテルと一線を画すホテルは栃木にある「那須エピナール」だけでした。

ちょっと脱線してしまいましたが気を取り直して次の料理を見てみましょう。



ここまでがサラダコーナーの料理になります。

個人的にはモロヘイヤとオクラが1番美味しかったです。

メインコーナー






ひつまぶし風あなご飯




メインとなるステーキの写真が光の反射であまり美味しそうには見えませんが、とても美味しかったです。

私の中で1番印象に残ったのがこの島田汁。



夕飯に撮り忘れていたので朝食の写真になりますが、右の汁が「島田汁」です。

具沢山の味噌汁になんと煎茶を入れるという面白い味噌汁で、似たりよったりが多いバイキングでも静岡に来たと感じさせてくれる一品でした。



静岡といえば駿河湾産の桜えびも有名です。

正直な話、こちらの桜えびがどちらの産地かはわかりませんが、海鮮好きな人には嬉しい海鮮コーナーです。

味に関しては人それぞれと言うことでここはノーコメントにさせていただきます。

パンコーナー

こちらの夕食にはパンも出ます。

夕食にパンを選ぶ人は少ないのか、ほとんど誰も手を付けていませんでした。


面白かったのがトースターが違う種類のものが2台置いてあり、高級トースターと言われている「アラジン」と「バリュミューダ」が置いてありました。


この2台で食べ比べできるのは、もし高級トースターに興味のある方なら嬉しいサービスです。

ちなみに私は高級トースターである「三菱のブレッドオーブン」を使用していますが、食べ慣れているせいかブレッドオーブンが1番美味しく感じました。

デザート・ドリンクコーナー


所々に川根茶を使った料理があるのは嬉しいですね。

そして個人的に1番嬉しかったのがこちらのコーナー


自分オリジナルパフェが作れるコーナーです。

パフェ用にいろいろな具材が置いてあり、隣にはアイスコーナーもあるのでなかなか本格的なパフェを作ることができます。




割と上手くできたと思います。

楽しく作れて美味しく食べられるパフェは最高でした。




お茶もただのお茶ではなく川根茶が飲めます。


川根茶の後ろには免疫力を上げる~などの効能一覧が書いてありました。

そして画像右下には「銀座久兵衛にも入れている朝日園の川根茶」と書いてあります。

離乳食コーナー



さすが「ファミリー部門全国1位」を取るだけあって、離乳食コーナーも充実しています。

写真には撮っていませんが料理を取るプレートがトーマスだったり、子供が見て楽しめるのも魅力の1つですね。

朝食



卵焼きも美味しかったですが、蒟蒻のカルパッチョも珍しくとても美味でした。



朝からガッツリ食べたい人には嬉しい、唐揚げや肉巻きおにぎりもあります。



ご飯のお供が多く、朝はあまり食欲が無いという方ようにお粥があったのも◎



前日に出てたパンは朝食にもそのまま出てきます。

そしてステーキコーナーの場所がワッフルコーナーに変わっていて、焼きたてのワッフルが食べられるようになっています。

ミックスベリー・生クリーム・あずき・パウダーなどワッフルに合うトッピングも十分でした。

前日に引き続きアイスコーナーも利用できるので、ワッフルにアイスをトッピングするのもおすすめです。



前日はケーキ類で朝食にはさっぱりと食べられるフルーツ類が並びます。

その他にプリンやわらび餅があったのは嬉しかったです。

特に川根茶を使用したプリンは絶品でした。

まとめ

「温泉宿・ホテル総選挙2021」ファミリー部門全国第1位になった「大井川鐵道 川根温泉ホテル」は子供でも大人でも楽しめる素敵なホテルです。

特に朝夕のバイキングでは若干種類が少ないものの、川根に来たと実感させてくれる手の混んだ料理の品々は、とても珍しく美味しくいただく事ができました。

川根温泉ホテルはSLを見ながらゆったりと寛げる、特別な時間を堪能できる素敵なホテルです。

次回も川根に来ることがあればリピートしたいと思いました。