スポンサーリンク

どうも、むきぐまです。

ゆるキャン△8巻が発売してから時間が経っちゃいましたが、

やっと伊豆へ聖地巡礼に行くことができました。

さすがに1日で伊豆を全て回りきる事はできないので、今回はりんちゃんルートに絞って聖地巡礼をしてきました。

そして最近のゆるキャンでは魚眼レンズで撮影したようなシーンが多々あり、


スマホのカメラでは限界を感じていたので、とうとう気になっていたスマホ用レンズを購入しました。


スマホレンズ クリップ式 0.6倍広角レンズ 15倍マクロレンズ 180°魚眼レンズ 高画質カメラレンズキット 自撮り ワイド 接写 スマホ用カメラレンズセット iphone Android全機種対応 簡単装着 携帯レンズ 3in1(広角+マクロ+魚眼)

本来ならちゃんとしたカメラを購入したかったたのですが、いまいち何のカメラを買っていいかわからず手頃なスマホ用レンズを購入して試してみました。

今回は伊豆のりんちゃんルートと買ったばかりのスマホ用レンズでどう撮れたかを紹介していきたいと思います。

大瀬崎


大瀬崎へ車で行く場合は、海水浴場近くに駐車場があるのでそこへ停めます。

駐車場からりんちゃんが向かった神池まではそこそこ距離があり、軽く観るだけでも30分くらいはかかります。

私の場合、写真を撮りながらだったので1時間位かかりました。



上の画像はスマホレンズを使わず撮影ができました。

りんちゃんの言っている通り、ここはダイビングスポットになっているのでダイバーさんが沢山いました。

そして聖地が近いせいか、ダイビングショップの中はラブライブ!のグッズなどがおいてありました。

その他にも大瀬崎はあまんちゅ!の聖地にもなっているんですが、ぱっとみあまんちゅ!関連の物は置いてなかったです。



この画像は魚眼レンズを付けて撮影しました。

見て分かる通り、スマホの魚眼レンズで撮影した場合



上の画像のようになってしまうらしく四隅が写りません。

カメラに詳しくはないのでよくわかりませんが、ちゃんとしたカメラなら


このように撮れるみたいですね。四隅の問題はありますが、一応漫画と同じように撮れるので良しとします。

ちなみに参拝料100円かかりますが、万札などはお釣りが無いと言われるのでちゃんと小銭を持っていきましょう。

ビャクシン樹林


すげー荒ぶってる


これは魚眼レンズあり・なしで撮ってみました。

灯台



これはパノラマで撮ればよかったのか、あんまりうまく撮れなかったです・・・

この場所は神池へ向かう途中の通路から逸れた場所にあったんですが、見ての通り足元は石だらけなので歩くときは注意してください。

神池


ここまで来て思うことは、小銭めっちゃ使う!!

駐車場・参拝料・コイのエサと100円大活躍。

両替機などなく1万円や5千円をくずすところも無いので、予め用意しておく事をおすすめします。


ここの鯉はエサ持って近寄るだけで大興奮!!

鯉が鯉を下敷きにしてエサを奪い合う姿はかなり恐いです・・・


大瀬神社
住所  :静岡県沼津市西浦江梨大瀬329
拝観時間:8:30~17:00/4月~9月は17:00まで
電話番号:055-942-2603駐車場:
最初の1時間:300円
2時間目から:200円
4時間以上8時間以内:1000円
9時間目から2時間:100円
スポンサーリンク

蛇石峠


上2コマの写真は撮り忘れてしまったので、このページの写真は看板だけになります。


ちなみにこの場所は冒頭に載せてあるGoogle Mapsの中島[松崎町](バス)です。

ただの直線と看板なので探すの大変でしたが、大瀬崎から伊勢海老の看板を目指す途中で通るルートなので見逃さないようにしましょう。

伊勢海老の標語


こちらは蛇石峠を少し下った所にありました。

本当になんでこんな山の中にエビ???

龍宮窟


ふぅ

流石にここまで来るのは疲れました。

駐車場はガラガラでこのシーンは後で撮ればいいかと思い、先に他の場所を回って帰ってきたらこの有様・・・

平日にも関わらずかなり混んでました。



階段は狭いので撮影する場合他のお客さんに迷惑がかからないようにしましょう。

私が撮ったときは誰も居なかったので良かったです(この15分後大混雑しましたが・・・)


これは魚眼レンズがないと撮れないですね。

洞窟内は天井から水滴が垂れてくる所があるのでカメラなどの精密機器を持ってくる方は気をつけてください。


ちょっと磯の香りが強いけどって言っていますが、かなり強かったです。


こちらの龍宮窟は「紅の豚」ポルコの隠れ家のモデルとされているそうなので、観光シーズンには多くの人で賑わうそうです。

駐車場はそんなに大きくないですが、ゆっくり回っても30分かからないのでそうそう満車にはならないと思います。

駐車料金はシーズンによって無料になったり有料になったりするようです。私の場合は300円かかりました。

まどが浜海遊公園


ここはパノラマ撮影の方がよかったみたいですね。



この足湯は結構人気なのか、ライダーさんなどが利用していました。


漫画と同じように撮りたいなら、寝ながらとんないと難しいかもしれないですね。

周りに人も居たので立って撮影しました。


ちょっと位置がずれてますが、この位置以外からだと坂本龍馬の像が入ってしまうのでこれが限界でした。



もっとズームで撮りたかったんですが、スマホカメラでは画質の問題でこの距離が限界でした。


ここから犬走島まで車で10分くらいの距離です。


それでは犬走島へ

犬走島

西伊豆から来る場合は犬走島→まどが浜海遊公園へ行くほうが効率がいいです。



本当は正面から撮りたかったですが、物が置いてあったり地元のおじさん達の視線が痛かったので斜めから撮影

立入禁止って書いてありますが、釣り人沢山いました。看板の近くには釣りに必要な道具や餌まで売ってます。


りんちゃんルート最後の1枚です。

犬走島には駐車場があり、有料と書かれた看板などはなかったので少しの間停めさせていただきました。

おわりに

一応この記事に載せた場所以外にも数カ所回って来ましたが、今回はりんちゃんルートということでまた別の記事で残りの聖地を紹介したいと思います。

それにしても今回の伊豆キャンは範囲が広いのでなかなか大変でした・・・

伊豆は1日ではとても回りきれないほど広いので、また近々再訪したいと思います。

今回はスマホレンズを初導入して巡礼しましたが、少し妥協すればスマホレンズでもなんとかやっていける事がわかりました。

ただこれからもゆるキャンの聖地巡礼をしたいならやっぱりちゃんとしたカメラが欲しいとも思うので、どなたかおすすめのカメラがあれば教えてください。予算はあまりないですが・・・

スポンサーリンク
おすすめの記事