スポンサーリンク

むきぐまが高校の時CAPCOMからビッグタイトルが発売された。

それは


Coopプレイの素晴らしさ

この時PSP持ってなかったんだけど、周りの友達全員もってるしそりゃ誘われたらやるしかないよね。

で、やった感想・・・

 

すっげーーーおもしろかった

はじめての4人協力プレイでモンハンなんてやって、面白くないわけがない。

時にはドリンクを忘れ迷惑をかけ

死にそうな時に粉塵を使ってもらい

大タル爆弾でふっとばされ

いろいろあったけどほんとに楽しかった。

この時はこんな時間がもっと続くと思ってたんだ・・・

スポンサーリンク

それはとうとつに・・・

毎日やっても全然あきなかった、むしろ時間がたりない

休み時間も、休みの日も、寝る間をおしんでも時間がたりない

仲間Aが逆鱗をとれなかったらもちろん一緒にとりにいくし

仲間Bがクリアできないクエストは一緒に行ったし

仲間Cが・・・お前結構ソロ気質で協力プレイでも1人でガンガン突っ込んでたよね

 

こんなん時間いくらあってもたりないじゃん

そして考えた、時間がないなら作ればいいんだと

しかし、すでに休みの日もモンハンについやしてるのにどこにそんな時間がある!?

考えた、考え抜いたすえ

 

そうだ、授業の時間削ればいいんだ(バカ)

 

さっそく授業中にやってみた。

 

うおぉぉ

 

モンスターと殺るか殺られるかの緊張感、先生に見つかるかもしれない緊張感が合わさってたまんねえぜ

 

緊張のせいでアドレナリンどばどばでてる気がする

見える、モンスターの動きが遅く感じるぜ、俺にてきはいねぇどんどんかかってこいやーーー

授業中にもかかわらずテンションあがりまくってました。

 

この時ね、うしろにリアルモンスターいたことに気づかなかったのね。

 

トントン

 

うん?誰か肩たたいてるな

何か用か?今それどころじゃねーんだよ、ラージャンさんめちゃキレて手におえねぇ

 

ん?

んん??ちょっと待った

だあれ

ぼくの肩たたいてるの?

先生前にいるし、今いる席一番うしろだから誰もいないはず・・・

 

嫌な予感がしつつ後ろを向くとそこには生活指導の先生というモンスターがいた

汗がふきでる、こんな緊張感いままでに感じたことはなかった

どんなモンスターを前にしても怖気づかなかったこの俺が?

くそ、一番後ろの席だから油断した、後方の安全確認をしっかりするのもハンターの基本なのに

 

まず横の席のやつがこっちを向いて、こいつ終わったなって顔で見てくる

周りもだんだん気が付いてAと目が合う、続いてBも気づきこちらを見てくる

心の中で叫んだ

 

助けてくれ、今までで一番のピンチなんだ

 

どんな時でも手を差し伸べてくれた最高の仲間にアイコンタクトを送る

大丈夫、今までも数々の苦難を共に過ごしてきたあいつらならきっと助けてくれる

そう、俺たちは最高の

 

な「仲間Aが退室しました」

 

か「仲間Bが退室しました」

 

・・・C、Cだけは見捨てないって信じてたぜ、AとBぜってえ許さねえ

 

を見る、が顔をあげこちらを見る

 

 

「仲間Cが退室しました」

 

 

クソがあぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

 

 

あいつモンハンに集中しすぎて今気づきやがった

しかも気づいた瞬間すぐに退室しやがった

俺のわずかな喜びを返せ

 

こうなれば奴らも道連れにして・・・・

 

「先生!!あいつ・・・」

 

あれぇ、目の前のモンスター、ラージャンさんよりキレてる

これ何言ってもあかんやつや、これ以上口開いた瞬間言い訳とみなされビンタという攻撃がとんでくる、くそ座ってるから緊急回避もできねぇ

むきぐまは力尽きました

 

この後、職員室に呼び出しをくらいめちゃくちゃ怒られました

 

PSPを失い、ソフトも失い、そして仲間と思っていたやつらを失い・・・

 

泣いちゃだめだ俺にはまだやることがある

 

そう、裏切ったやつらに制裁をくらわせなければ・・・

 

さあ、仲間を狩りにひと狩り行こうぜ!!

スポンサーリンク
おすすめの記事